CBC賞 本予想

スピード評価

※スピード評価の見方についてはこちら

条件評価

※条件評価の見方についてはこちら

隊列予想

本予想

  • ◎ 1番人気 ⑨ヨカヨカ
  • ○ 4番人気 ⑧メイショウチタン
  • ▲ 7番人気 ④クリノアリエル
  • ☆ 9番人気 ③ファストフォース

馬連 ⑧⑨-③④ 4点 各400円

合計 4点 1,600円

◎ 1番人気 ⑨ヨカヨカ

フィリーズレビュー(芝1400m)2着、葵ステークス(芝1200m)2着という戦績に短距離適正の高さを感じますね。

この時期の3歳馬は回収率が悪いことは分かっているんですが、2番人気も3歳馬の⑪ピクシーナイトなんですよね・・・。

⑨ヨカヨカの買い要素はなんといっても外枠の差し馬という点です。⑪ピクシーナイトは逃げ馬にとって不利な7枠に入ってしまったので、残念ながら消しです。

○ 4番人気 ⑧メイショウチタン

1200mのスピード評価No.1は無視できませんね。条件評価も悪くはないです。

鞍上は松若騎手。2020年高松宮記念を勝利したモズスーパーフレアの騎手なので、芝1200mでは特に期待しています。

▲ 7番人気 ④クリノアリエル

スピード評価は×ですが、条件評価が○なので買います。牝6で斤量50.0と軽すぎるのも怖いですね。前走斤量差は-5.0で、今回のメンバーの中で最も斤量が変動しているので、馬も楽に走れると思います。

4枠×差し後方は良くない条件ですが、隊列予想を見る限り、馬群に包まれることはなさそうです。

☆ 9番人気 ③ファストフォース

馬柱を見ると面白い戦績してますね。中央競馬での戦績も悪くはなかったですが、地方競馬に参戦して3勝を挙げると、中央競馬に戻って芝1200mを2連勝。その後、1・2番人気を背負って2戦するも6・8着と敗れて、8ヶ月ぶりの出走となります。

スピード評価は×ですが、条件評価◎は見逃せません。3枠×先行というのもGoodです。牡5で斤量52.0というのも魅力ですね。

不安要素はなんといっても長期休養です・・・。とはいえ、先月に安田記念(GⅠ)を勝利したダノンキングリーやエプソムカップ(GⅢ)を勝利したザダルも7〜8ヶ月の長期休養明けでした。あまり気にしなくて良いのかもしれませんね。

消し馬

①タイセイビジョン

川田騎手、1枠×先行は魅力ですが、斤量57.0が痛いです。もう1頭買うならこの馬なんですけどね。

⑩アウィルアウェイ

昨年のスプリンターズSで3着という実績がありますが、ここ3戦全て2桁着順と勢いを失っています。松山騎手に戻るのは好材料ですが、牝5で斤量55.5はさすがに無理があります・・・。

今週末は雨予報でしたが、小倉の天気予報を見てみると、夜10時まで降らないみたいですね・・・。

今回は出走頭数が13頭しかいないので、4点だけ馬連を買おうと思います。ワイドだとさすがに配当に期待できませんからね。