印・馬券購入のルール

このページでは、私の競馬予想における印の付け方と、馬券購入時のルールについて説明します。

印の付け方

◎ = 本命

1〜3番人気から1頭選びます。4番人気以下からは絶対に選びません。

馬連・3連複を主軸に馬券を組み立てるので、あくまで1着になりやすい馬ではなく、連対可能性の高い馬を本命にします。

ミスの少ないベテラン騎手が騎乗する馬を出来るだけ本命にするようにしています。そのため、高確率でルメール騎手の馬が本命になってしまいます。

○ = 対抗

1〜4番人気から1頭選びます。どうしても1頭に絞れない場合は2頭選ぶこともあります。

本命と同様、馬連・3連複の軸にします。もし本命が負けても、対抗・相手が連対すれば馬連が的中するようにしています。

▲ = 有力な相手

5〜8番人気から1〜2頭選びます。どれだけ評価が高くても、本命にはしません。

たまに1〜4番人気の中で、どうしても切れない馬がいた場合には1頭だけ選ぶこともあります。その場合は、3連複にのみ絡めることにしています。

△ = 抑えたい相手

5〜8番人気から1〜2頭選びます。

▲に次ぐ評価なのですが、同じくらい馬券に絡む印象があります。

☆ = 有力な人気薄

9〜14番人気から0〜2頭選びます。

荒れると思ったレースは2頭選ぶ一方で、荒れないと思ったレースは1頭も選びません。

馬連・3連複には絡めず、馬単を使うことにしています。

馬券購入のルール

実は印自体に大した意味はなく、印に基づいた馬券購入のルールが重要です。ルールに従って馬券を組み立てることで、自動的に高回収率を狙うことができるからです。

例えば、次のように印を付けたとします。

  • ◎ 1番人気 ①
  • ○ 2番人気 ②
  • ▲ 6番人気 ⑥
  • △ 7番人気 ⑦
  • ☆ 10番人気 ⑩

馬連

本命・対抗から相手に流すように馬連を買います。

  • ◎○-▲△

これが馬連を買う上で、最も回収率が高い組み合わせになります。◎-○や▲-△のような組み合わせは回収率が低いので買いません。

3連複

1頭目に本命、2頭目に対抗、3頭目に相手を選びます。

  • ◎-○-▲△

重要なのは人気馬を2頭選ぶことです。これが3連複を買う上で、最も回収率が高い組み合わせになります。

◎→○→▲のような決着だと馬連は外れてしまいますが、代わりに3連複が的中します。

▲→○→◎のような決着だと、馬連・3連複が同時に的中となるため、高い払戻金をゲットすることができます。

馬単

本命・対抗から人気馬に流すように買います。

  • ◎○→☆

馬連は9番人気以下を絡めると回収率が下がってしまいますが、人気馬を1着付けにした馬単なら回収率が下がりません。

以上で説明は終了です。
馬連・馬単の買い方の解説はこちらを、3連複の買い方の解説はこちらをご覧下さい!