クイーンS 事前予想

スピード評価

※スピード評価の見方についてはこちら

1800mの持ちタイムが最も速いのは③フェアリーポルカです。しかし、上がり3ハロンが遅いのは良くないですね。

1800mでSPが最も低いのは⑩サトノセシルです。次いで⑤ドナアトラエンテも良いと思います。

1600m・2000mではやはり⑥マジックキャッスルが圧倒的なパフォーマンスを見せているようですね。

条件評価

※条件評価の見方についてはこちら

⑤ドナアトラエンテのポイントが高いです。ただし、上位人気3頭はいずれも外枠の差し馬なので、馬群に包まれてどん詰まり・・・ということはなさそうです。

⑪シャムロックヒルは前走のマーメイドS(GⅢ)を10番人気ながら勝利しましたが、それは1枠×逃げが上手くはまっただけと推測します。今回は8枠なので、簡単に逃げ切ることはできないでしょう。

隊列予想

逃げ馬は⑩サトノセシル、⑪シャムロックヒルです。

出走頭数が少ないので、内枠の差し馬である③フェアリーポルカも直線で抜け出せるタイミングがあるかもしれません。

事前予想

  • ◎ 2番人気 ⑤ドナアトラエンテ
  • ○ 1番人気 ⑥マジックキャッスル
  • ▲ 8番人気 ⑩サトノセシル
  • △ 5番人気 ③フェアリーポルカ

平地重賞が1つしかないのに、出走頭数12頭は寂しいですね・・・。ただ、当たってくれれば文句はありません。