中京記念・函館記念 有力馬紹介

さて、夏競馬も本番!荒れるハンデ重賞が2つもやってきまきた。昨年の中京記念は18番人気のメイケイダイハード(単勝オッズ163.0)が勝利し、競馬ファンの度肝を抜きました。今年も何かしらのミラクルが起こるのでしょうか?

トヨタ賞中京記念(GⅢ)

レース概要

  • 阪神芝1600m
  • 3歳以上
  • ハンデ戦
  • 登録馬15頭

先述の通り、昨年は18番人気のメイケイダイハードが波乱を演出しました。今年も出走予定なので期待したいところではありますが、残念ながらそれ以来馬券には絡んでおらず、人気はなさそうですね・・・。

想定1番人気 ボッケリーニ 牡5

戦績はとても良いですね。前走のみ5着と奮いませんでしたが、先行型の脚質が新潟競馬場の長い直線と相性が悪かったのだと思います。今回は阪神競馬場なので、先行馬が押し切る展開が期待できます。

斤量は57.0で、トップハンデとなっています。最近のハンデ戦はトップハンデの馬が軒並み馬券外に飛んでいるので、過度な期待は禁物です。

想定2番人気 カテドラル 牡5

東京新聞杯(GⅢ)では12番人気ながら2着と健闘すると、ダービー卿CT(GⅢ)でも2着を取り、実力を誇示しました。GⅠならともかく、GⅢなら通用すると思います。

今回は福永騎手に乗り替わりとなります。斤量は56.0で、ボッケリーニより1.0kgより軽いです。

想定3番人気 アンドラステ 牝5

来るときの条件が良く分かりません。今回は岩田望騎手→川田騎手に乗り替わりとなるので期待!かと思いきや、京成杯AH(GⅢ)ではルメール騎手を背に10着と大敗してるんですよね・・・。

函館記念(GⅢ)

レース概要

  • 函館芝2000m
  • 3歳以上
  • ハンデ戦
  • 登録馬20頭

昨年は15番人気→13番人気→3番人気と結構エグい決着でした。今年もそんな決着だったらさすがに当てるのは無理ですよ・・・。あくまで人気馬が連対すること前提で予想も組み立てるというスタンスは変えません。

想定1番人気 カフェファラオ 牡4

フェブラリーS(GⅠ)を制して、ダート界の主役に躍り出たかと思いきや、なぜか芝GⅢに登録。なんでやねん。

まあ、モズアスコットみたいに芝ダートどっちもいける馬はいるので、芝レースに出るなとは言いません。でも、ハンデ戦に出すのはダメでしょう。今回の斤量はなんと58.5!陣営によると、ハンデ次第では回避して札幌記念に登録するようです。さすがに回避しますよね・・・?

想定2番人気 ウインイクシード 牡7

強い騎手の時は走りますが、微妙な騎手の時は走らないという分かりやすい馬ですね。今回は横山武騎手なので、走るのかも?

斤量は56.0ですが、他にも斤量56.0が多いので気にならないですね。

想定3番人気 マイネルウィルトス 牡5

前走のパフォーマンスが異常ですね。着差-1.8秒ってどういうこと?しかし、よく見ると、上がり3ハロン39.3秒で1位というのはかなり遅いですね。おそらく、極端なハイペースで全ての馬の脚が止まった中、マイネルウィルトスだけは余力を残していたのでしょう。かなりの不良馬場だったようなので、正直あまり参考にならないレースでした。実力はまだ未知数です。

昨年は荒れに荒れた中京記念と函館記念。今年も上位人気勢がなんだか頼りなさそうです。特に、函館記念のカフェファラオの斤量58.5はさすがに無茶ですよ・・・。